派遣の仕事のデメリット


派遣の仕事のデメリットとはあるのでしょうか。

真っ先に上げられるのが、派遣期間の終了後に新たに仕事を見つけられるかわからないことです。

ここ数年は不況により、会社側の仕事が予定より減ってしまったことから、派遣で働いていた人の契約期間を縮めて早めに契約期間を終了させる派遣切りも各地で見られます。

契約期間を自分の自由に決められると言うことは、メリットでもあり、デメリットでもあるのです。

また、派遣の仕事は期間を区切っての雇用となるため、やりがいのある大きな仕事や、指導する側の仕事に就きづらいという点もあります。

任せてもらった仕事を一生懸命しても、頑張りを理解してもらい先の仕事につながるようにしてもらえないのです。頑張り続ける気概も抱きにくくなってしまいます。

派遣の仕事の欠点には、賞与が入らないということと、福利厚生面が十分でないという点もあるでしょう。

最近は福利厚生の面は、だいぶ変わってきているようで、社会保険も入る事が可能で、保養所などの施設も使えるところも増えてきているようです。

人材派遣会社に登録する時には、福利厚生に関してはよく調べておきたいものです。

どういった働き方でもそうですが、派遣の仕事も長所と短所を併せ持っています。

仕事は派遣業務で得る傍ら勉強など別なことをする時は、両者の釣り合いを考えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す