サプリメントと酸化しやすい悪玉コレステロール


悪玉コレステロールに効果的なサプリメントがあります。体内の悪玉コレステロールが多くなりすぎると、血栓による動脈硬化の危険性が上昇します。

悪玉コレステロールは活性酸素によって酸化されやすく、血管壁に傷を作ります。

動脈硬化の原因となる血管中の血栓は、血管の壁が傷ついたことがきっかけで集まってきた白血球がそこで重なってコブになり、血を流れにくくすることに起因しています。

悪玉コレステロールが酸化によって血管内壁を傷つけないようにすることが、動脈硬化予防では求められるわけです。

サプリメントで取り入れたい成分としては、酸化を抑止しながら体に有益な栄養成分を効率的に取り入れられるものがいいでしょう。

いくつかの成分は、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ効果が知られています。

ビタミンC、ウコンに含まれるクルクミン、カテキン、ピクノジェール、ビタミンE、アスタキサンチン、βカロチン、リコピン、αリポ酸などの栄養成分です。

悪玉コレステロールを下げるための成分も様々な成分がサプリメントに使われています。

レシチン、キトサン、イヌリン、セサミンといった栄養素を主成分とするサプリメントや、ローヤルゼリーや黒酢、マイタケなどを原材料に製造されたサプリメント、ビタミンBや大豆たんぱく配合のサプリメントなどが販売されています。

悪玉コレステロール対策に役立つとされるサプリメントは種類が多く価格も高いものから低いものまで市販されています。

サプリメントによって悪玉コレステロールをの問題を解消したいという場合は、どのサプリメントが自分に合っているか、販売店の人や担当医に相談するといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す